選手宣誓する阿波市選手団の山川主将=市役所

 第64回徳島駅伝に出場する阿波市選手団の結団式が23日、市役所で開かれ、選手や役員ら約150人が出席した。

 団長の藤井正助市長が「力を最大限に発揮して市民に勇気と感動を与えてほしい」と激励。山川新勢主将(36)=会社員=が「最後まで粘り強く我慢強く、全力で走り抜くことを誓う」と決意表明した。

 チームは来年1月2日まで6回の合同練習を経て団結力を高め、本番に臨む。