契約更改交渉を終え、記者会見するソフトバンクの森=ヤフオクドーム

 ソフトバンクの森唯斗投手=海陽町出身=が26日、福岡市のヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、4300万円増の1億3千万円プラス出来高払いでサインした。初めて大台を突破し「すごい選手がもらえる額。信頼されるセットアッパーになりたい」と気持ちを新たにした。

 日本一に立った今季は救援陣の活躍が目立った。森は、最優秀中継ぎに輝いた同僚の岩崎翔投手をライバルに挙げ「抜きたいという気持ちがなかったら1年間戦えていない」と熱く語る。1年目から4季連続で50試合以上を投げ、今季は自身最多の64試合に登板。「(50試合を)クリアしてずっと続けたい」と来季もフル回転を誓った。