全国大会での活躍を誓う徳島ラティーシャ=徳島新聞社

 フットサルの第8回全日本女子ユース(U―15)大会(来年1月7、8日・愛知県)に、四国代表として出場する徳島ラティーシャが27日、徳島新聞社を訪れ、活躍を誓った。
 
 選手15人とコーチらが訪問。長谷原彩音主将(15)=津田中3年=が「全員でしっかりと走って得点を重ね、必ず予選を突破したい」と抱負を話した。
 
 大会は地区予選を勝ち抜いた9チームが3組に分かれて予選リーグを行い、4チームが決勝トーナメントに進む。徳島ラティーシャは4年連続4度目の出場で初の予選通過を狙う。