新年を祝う花火が盛大に打ち上げられた=小松島市小松島町の小松島みなと交流センターkocolo前

 小松島カウントダウン花火(小松島ロータリークラブ主催)が、小松島市小松島町の小松島みなと交流センターkocolo前で行われ、親子連れら約千人(主催者発表)が夜空を見上げた。

 12月31日午後11時59分から、来場者がカウントダウンを開始。年が変わった瞬間に「ファイヤー」という掛け声とともに、約200発の花火が打ち上げられた。

 祖父母の家に家族で帰省している滋賀県近江八幡市の土井克成君(7)=小学校1年=は「大きな花火を見られてうれしかった。新年はサッカーを頑張りたい」と話していた。