高速バスに乗り込む帰省客ら=徳島駅前の高速バスターミナル

 年末年始を徳島県内で過ごした帰省客のUターンラッシュが3日、ピークを迎えた。松茂町の徳島阿波おどり空港や徳島駅前の高速バスターミナルは、土産物や大きな荷物を抱えた人で混雑した。

 空の便は、東京行き全11便がほぼ満席。4日も全便が予約で埋まっている。吉野川市美郷の父親の実家で1週間滞在した津田陽菜乃さん(8)=東京都三鷹市、小学2年=は「鳴門に行って、たこ揚げをしたり、砂浜をはだしで走ったりしたのが楽しかった」と笑顔だった。

 高速バスは、京阪神方面行きが早朝の便を除いてほぼ満席で、臨時便が出た。中国、東京方面行きも全便がほぼ満席となった。

 徳島と和歌山を結ぶ南海フェリーは、徳島発の8便のうち3便が満車となり、東九オーシャンフェリーの東京行きも予約で8割以上が埋まった。

 高速道路は、徳島自動車道と神戸淡路鳴門自動車道に大きな渋滞はなかった。