新著「休むことも生きること」をPRする丸岡いずみさん=徳島市内

 徳島県美馬市出身で元日本テレビキャスターの丸岡いずみさんが、うつ病に関する2作目の著書「休むことも生きること」(幻冬舎)を発表した。自身の体験だけではなく、医師への取材に基づくチェックリストや治療薬の有効性を盛り込んだ。丸岡さんは「常備薬のように家庭に置いて参考にしてもらえたら」と話している。

 体験談中心だった前作(2013年刊「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」)に寄せられた反響を受け、報道畑を歩んできた身として、裏付けのしっかりした情報を提供したいと考えた。

 うつ病を「神経伝達物質の減少による脳の病気」という視点で、科学的根拠に基づいて解説した。報道記者として仕事に没頭していた発症前の生活や薬物療法に抵抗を感じていたことなど、自身の体験も具体的に記した。

 「うつ病は心の病と思われがちだけど、私のように湿疹や下痢など体の症状が中心の人もいる。不調を感じたら早めに受診して」と呼び掛ける。
 東日本大震災直後から続いた激務をきっかけにうつ病を発症。美馬市の実家で療養し、家族や友人、古里の温かさに支えられた。現在はフリーキャスターなどとして仕事に復帰し、テレビ出演のほか、うつ病に関する講演活動もしている。

 「うつ病は出口が見えづらいけど、トンネルは抜け出すことができるし、壁に当たった分だけつかめるものもある。信じて治療してほしい」と語った。

 173ページ、税込み1188円。