「徳島の山旅」を出版した原田さん

 登山ガイドの原田真治さん(62)=徳島市北矢三町2=が、登山体験記「徳島の山旅」(B6判、275ページ)を自費出版した。「身近な山が面白い」をテーマに、初心者でも気軽に挑戦できるルートを地図や写真とともに紹介し、登山の魅力を発信している。

 2014年12月~17年3月に登った計37ルートを掲載。16年10月に小松島市から気延山(石井町)などを経て大坂峠(板野町)を目指したルートは、屋島の合戦に向かったとされる源義経の足跡をたどった。「先祖は源氏だ」と祖母が語っていたエピソードを交え、「ルーツ探求の旅」と題して紹介している。

 15年10月の剣山登頂記では、午前2時に自宅を出発し、川井峠(美馬市)を経て1泊2日の日程で登った体験をつづっている。

 原田さんはかつてギャンブル依存症で体調を崩した時期があったが、登山と出合い克服したことから、山の楽しさや登山の心得についても解説している。

 原田さんは、04年ごろから登山ガイドとして活躍。県内の山に自生する巨木を紹介した「徳島の山に潜むブナと名木」、登山ルートを紹介した「徳島の山+(プラス)」の著作がある。昨年巡礼した、四国霊場八十八カ所の紀行文の出版も予定しており、執筆を進めている。

 「徳島の山旅」は税抜き1200円。紀伊國屋書店徳島店(徳島市)などで販売している。問い合わせは原田さん<090(7143)7996>。