国際コンパニオンアニマル会議で国際動物福祉貢献賞を受賞したオリバー代表(右)(ARK提供)

 飼い主の事情で遺棄されたり虐待されたりした動物を保護し、里親探しなどを行っているNPO法人「アニマルレフュージ関西(ARK)」(大阪府能勢町)のエリザベス・オリバー代表の講演会が2月4日、徳島市の県立21世紀館で開かれる。県内の動物愛護推進員らでつくる「徳島NBA(譲渡前不妊去勢手術)を推進する会」がARKの取り組みに共感し、企画した。

 オリバー代表は「責任あるシェルター運営とNBA―譲渡前不妊去勢手術を考える…そのためにやらなければならないこと」と題して講演する。

 犬猫の殺処分を減らすため、ARKが里親を探す前に行っているNBAの重要性を訴える。傷ついた動物の心身をケアするシェルターの運営や、国内外の事例などを基に、「責任ある動物愛護」の在り方についても語る。

 オリバー代表は1968年に英国から来日して以来、日本で暮らしている。大学などで英語を教える傍ら動物保護に関わるうち、捨てられる動物たちの窮状を知り、90年にARKを設立。これまでに5500匹以上の犬猫を里親の元に送り出した。

 活動が評価され、2012年に英王室から大英帝国勲章を受けた。シェルターでは現在、常勤スタッフ30人が犬猫約350匹などを保護している。

 推進する会は「徳島でも人知れず殺処分にされている動物は多い。推進員の取り組みも知ってもらえたら」としている。

 午前11時半から午後3時半までで参加無料。問い合わせは推進する会<電090(7149)1211>。