踊り子が映し出された作品「秩序がなくともピースは成り立つ」=徳島市万代町5

 徳島市中心部で9日開幕する「とくしまLED・デジタルアートフェスティバル」の展示作品の一部が5日夜、会場となる万代町の空き倉庫と県庁前で試験点灯された。赤や黄、白などの淡い光が浮かび上がり、辺りは華やかな雰囲気に包まれた。

 試験点灯されたのは▽アクリル板に映し出された30体のキャラクターが阿波踊りを踊ったり楽器を演奏したりする「秩序がなくともピースは成り立つ」▽約15メートルの高さからつり下げた約8万個のLEDが、来場者がスマートフォンで選んだ花火を再現する「チームラボクリスタル花火」―の2作品。

 いずれも同市出身の猪子寿之さん率いるIT会社チームラボ(東京)が制作したシンボルアート作品で、「秩序が―」は日本初公開となる。残る2点のシンボルアート作品は積雪で作業が遅れ、この日に点灯できなかった。

 シンボルアート作品は9~18日の午後6~10時に点灯される(10日以降は「秩序が―」のみ午後1~10時)。