テレビ番組で身元の情報を求め、1989年に徳島県貞光町(現つるぎ町)で行方不明になった松岡伸矢(しんや)ちゃん=当時(4)=ではないかとの情報が寄せられている男性が5日、居住する愛知県一宮市の自立支援施設で記者会見し、三重県四日市市の男性が番組放送後に父親と名乗り出たと明らかにした。施設によると警察がDNA型鑑定を行う方針だという。
 
 施設によると、父親を名乗る人物は、28歳になる息子が2014年6月に三重県川越町のアパートからいなくなり、三重県警に捜索願を出していたと説明。この1年前にも失踪し約1カ月後に記憶をなくした状態で見つかっていた。療養して記憶が戻ったという。
 
 番組によると、男性は14年7月、愛知県のショッピングセンターのトイレで意識不明の状態で見つかった。
 
 男性を巡っては、徳島県警が伸矢ちゃんの両親からDNAを採取している。