桧山さんらに見守られ、10メートル走のタイムを測る参加者=徳島市立体育館

 小学生らを対象にした「スポーツ能力測定会in徳島」(日本航空主催)が11日、徳島市立体育館であり、約300人が参加した。

 参加者は六つの種目に挑戦し、10メートル走のタイムやスイングスピードなどを計測。その結果を基に、スタッフが運動能力の長所や向いている競技などについて助言した。

 元プロ野球・阪神選手の桧山進次郎さん(48)と鳴門市出身でシドニー五輪女子マラソン代表の市橋有里さん(40)がゲスト参加。測定を見守り、子どもたちにエールを送った。

 バスケットボールをしている平島小4年の笠江駿君(10)は「自分のやっているスポーツが向いているスポーツに入っていて良かった」と喜んでいた。

 測定会は次世代のアスリート育成などを目的とした「JALネクストアスリートプロジェクト」の一環で、昨春から全国各地で開かれている。