阿波踊りで徳島の魅力をPRするチーム8の春本さん(左)と移住アドバイザーの小林さん=東京都豊島区

 首都圏で暮らす若者に地方への移住を提案するイベント「いいね! 地方の暮らしフェア」が18日、東京都豊島区の池袋サンシャインシティ文化会館で行われ、徳島など13県が魅力を発信した。

 特設ステージで、各県知事らと、47都道府県の代表で構成するアイドルグループ「AKB48 チーム8」のメンバーが、地元の特徴をPRした。

 徳島県からは美波町在住の移住アドバイザー小林陽子さんが登壇し、チーム8の徳島県代表、春本ゆきさんと一緒に、県民の平均帰宅時間が午後6時2分と全国一早いことなどを紹介。「ラッシュアワーなどと無縁の徳島で人生をゆったりと楽しんで」と呼び掛け、阿波踊りを披露して会場を盛り上げた。

 会場には県ごとに移住相談を受け付けるブースや特産品販売コーナーも設けられた。イベントは13県の知事でつくる「日本創生のための将来世代応援知事同盟」の主催で、3回目。