22日、県内は雨が降り肌寒かった。海上は少し波があった。渡船業者は悪天候を予想して磯渡しを見合わせた業者がほとんど。最近は水温にムラがあり上下が激しいが今後の水温安定に期待したい。

 [磯]<愛媛・日振島>22日、水温15度。北東の風が北西に変わり少し風波があった。終日、雨が降り釣り人は30人ほど。ある渡船には7人で全員に何らかの釣果があった。阿南市の人が18番で30~46・5センチのグレを35リットルの大型クーラーに満杯と好釣果。同行の人が12番で32~45・5センチを8匹。サカエバエで30センチ前後のイサギ3匹。別の人らも30~45センチのグレを1~5匹。

 <高知・甲浦>21日、少し波があり水温15・2~15・3度。グレは、丸バエで30センチを1匹と85センチのサワラ1匹。串出の丸バエで30~40センチを6匹。千丈エボシで30~34センチを6匹。八重で30~31センチを尾長グレ交りで5匹。高バエで30、32センチを2匹。地のヤグラで30センチを6匹。ヒナダンで38センチを1匹。トビワタリで37センチを1匹。エボシで37センチを1匹。クツガバエで33センチを1匹。棚バエで30~33・5センチを4匹と35センチのイシダイ1匹。ミツバエ中で30~33センチを3匹と52センチのイシダイ1匹。

 [船釣り]<伊島沖>21日、乗合船で出掛けた人らがアジを餌に60センチのカンパチ1匹と25~55センチのウッカリカサゴ5匹、30センチのマハタ1匹、マトウダイ数匹。別の船は本ハゲ狙いで出船し15~28センチをサオ頭が32匹。各自8~28匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>21日、湾内は穏やか。1号でアオリイカを狙った人が0・6キロを1匹。アタリは多数あった。

 [波止]<津田沖ノ一文字>21日、チヌは、コーナー付近で35センチを1匹。近くでも39センチを1匹。隣でも49センチを1匹。少し離れた所で30センチを1匹。落とし込み仕掛けで探り歩いた人は35~47センチを3匹。

 <香川・観音寺>21日、消波ブロックで9時から7時間ほどフカセ釣りをした人が28~45センチのチヌ10匹。水温が低く、潮の流れが速いときはアタリが少なくて緩むときに集中したようだ。餌取りにはクサフグが少しいた。チヌが寄りだすといなくなり釣りやすいが、低水温のため、撒き餌が効くまでに多少時間がかかるようだ。(県釣連盟報道部)