野球独立リーグの2連覇に挑むチームのリーダーになった。新人が半数以上を占める中、大切にするのは雰囲気づくり。「ムードが良ければ、いいパフォーマンスを出せる」。投手陣を除くと最年長の25歳。練習前から気を配り、良き兄貴分として慕われている。

 入団3年目。NPB(日本野球機構)入りがかなわず、昨季限りでユニホームを脱ごうとした。落ち込んでいた時、食事に誘ってくれた仲間から「残ってほしい」と懇願された。チームからも慰留されて「みんなにここで良かったと思ってもらえるチームにし、結果も残す」と心に誓った。

 神戸市生まれ。兄3人の影響で少年野球チームに入った時から捕手一筋。主将を務めた星陵高校時代は甲子園出場にはほど遠く、教員を目指して大阪教育大へ。NPB入りは考えてもいなかったが、先輩がドラフト候補となり、「名門校出身のエリート選手だけがプロになるのではない」と思うようになった。

 NPB入りを目指して大学卒業後に進んだ関西独立リーグでは給料がもらえず、1年で退団した。それでも夢を捨てきれず、徳島に入った。

 試合中、他球団のデータを熱心にメモしている。控えに回っても「勝利につながるのなら」と、スタメン捕手にアドバイスしてきた。今季は捕手3人が新たに加入して定位置争いが加熱しそうだが、フォア・ザ・チームを忘れず、最後と位置付けるシーズンに懸ける。藍住町で1人暮らし。