6日、県内は西寄りの風が強く、徳島市内でも雪が降り北部では低水温で釣り人は少なく目立った釣果はなかった。雪の影響で道路の凍結が考えられる。釣行時には時間に余裕を持って安全に釣りを楽しみたい。
 
 [磯]<大島>6日、波風ともに穏やか。速い上り潮が流れ水温13・2~15・2度。渡船8隻が出て釣り人約60人。グレの食いが上向き。ノコギリで32、37センチを2匹。木村で30~33センチを4匹。大バエで28~38センチを5匹。一番で28~34センチを5匹。中ノハエで30~36センチを3匹。タニハンノ地で31、32センチを2匹。高橋バエで31、33センチを2匹。平バエで30~34センチを5匹。オハナで28~33センチを8匹。地で30~47・5センチを3匹。
 
 <高知・甲浦>6日、晴天で波は穏やか。水温14・6度。30センチ以上のグレの釣果はヒナダンで30~36センチを10匹。エボシで31~35センチを3匹。ミツバエ中で30、40センチを2匹。
 
 [船釣り]<伊島沖>6日、波風ともに穏やか。乗合船で貝のムキ身を餌に30号のオモリ、ハリ2~3本仕掛けで15~28センチの本ハゲをサオ頭の人が25匹。別の人が21匹。他の2人が15匹。活性が高く餌もよく取られていたが22センチ以上の良型が多く交じった。
 
 <牟岐沖>6日、波風ともに穏やか。上り潮が流れ、水温13・8~15・3度。仕立船で出掛けた人が92センチ(9・3キロ)のブリ1匹と78~85センチのメジロ4匹、50センチのハマチ1匹、53センチのマダイ1匹、55センチのヨコ1匹、40センチのアオハタ1匹。活性が低かったので底から5メートルくらいの間でメタルジグをゆっくり上げて落とし込みを繰り返すスローピッチと呼ばれる釣り方でアタリを取った。(県釣連盟報道部)