契約更新が発表された(左から)DF藤原広大朗、DF石井秀典、FW佐藤晃大

 サッカーJ2の徳島ヴォルティスは9日、DF藤原広大朗(27)、石井秀典(32)、FW佐藤晃大(31)との契約更新を発表した。2017年に所属した選手の契約状況はすべて発表された。

 東京都出身の藤原は、立命館大を卒業後、2013年に徳島に加入し、6季目を迎える。ルーキーイヤーからリーグ戦で全試合出場を果たすなど、毎年コンスタントに試合出場を続けていて、昨季も36試合に出場し、シーズンを通して守備で奮闘した。リーグ戦出場時間はクラブ歴代2位にまで伸びている。

 千葉県出身の石井は15年に山形から移籍。17年は守備の要としてシーズン序盤の好スタートに貢献した。試合出場は11試合にだったが、ムードメーカーの一面も見せ、チームを支えた。

 神奈川県出身の佐藤は、09年に徳島でプロキャリアをスタートさせると、ガンバ大阪を経て、15年に徳島に復帰。17年はけがで離脱を強いられるなどし、リーグ戦10試合出場にとどまった。プロ入り後、初めて無得点でシーズンを終え、今季は復活を目指す。