成年男子1500メートル準決勝 決勝進出を決めた新山(右端)=富士急ハイランドセイコオーバル

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第4日は30日、山梨県富士吉田市の富士急ハイランドセイコオーバルなどで行われた。スピードスケート成年男子1500メートル準決勝で徳島県の新山強(県体協)が1組で4位に入って8人による決勝進出を果たし、2年ぶりの入賞を決めた。

 成年女子500メートルは今季ワールドカップ(W杯)に参戦した曽我こなみ(岩手・ホテル東日本)が制した。少年女子500メートルは熊谷萌(岩手・盛岡工高)、少年男子1万メートルは遠藤二千翔(岐阜・中津商高)がともに2連覇した。

 フィギュアの成年女子ショートプログラム(SP)は本郷理華(愛知・邦和スポーツランド)が73・61点でトップに立った。成年男子はSP1位の友野一希(大阪・同大)がフリーでもトップの165・69点をマークし、合計241・66点で優勝した。