声援を送るヴォルティスのサポーター=2017年11月11日、鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ2・徳島ヴォルティスは、25日の今季リーグ開幕戦(午後2時、鳴門ポカリスエットスタジアム・ファジアーノ岡山戦)で観客1万人越えを目指す。ホーム自由席の前売りチケットを半額にするなどして販売。「We Are VORTIS!~歴史を変える1万人」を合言葉に、大勢の観客でJ1復帰を目指す選手を後押ししてもらう。

 ヴォルティスのホーム開幕戦で1万人を超えたのは、J1だった2014年のセレッソ大阪戦のみ。J1初昇格、ヴォルティスでプレーしたMF柿谷曜一朗の凱旋などもあって1万2202人を集めた。

 昨季、J1昇格プレーオフ進出を最終戦で逃し、今季に懸ける選手の気持ちは強い。2年連続で主将を務めるMF岩尾憲は、就任にあたり「歴史を変えようとしているクラブ・スタッフ・選手に、歴史が変わるほどの応援をよろしくお願いします」と、目標達成のため、スタジアムでのさらなる後押しを求めている。

 ヴォルティスのホームで、J2開幕戦の最多入場者数は09年の9334人。1万人を超えたことはなく、達成できれば、新たな歴史を刻むことにもなる。
 
 チケットは、ホーム自由席が前売り1000円(通常2000円)となり、当日券も開幕戦の告知チラシ持参で1500円に割引される。前売りは10日午前10時から開始。コンビニやエアトラベル徳島などで販売する。

 ヴォルティスは「家族や友人にヴォルティスの魅力を紹介して、スタジアムに誘って来場してほしい」と呼び掛けている。