ベラルーシのFCバテへの加入が決まったヴァシリェヴィッチ

徳島ヴォルティスは12日、2017年シーズンに在籍していたDFヴァシリェヴィッチ(26)がベラルーシ1部リーグのFCバテボリソフに加入することを発表した。

 ヴァシリェヴィッチはセルビア出身でルーマニアのクラブを経て、17年に徳島に加入。191センチの長身を生かした空中戦の強さを武器に、センターバックとして21試合に出場した。「ニコ」の愛称でファン・サポーターから親しまれた。
 
 今季から加入するFCバテは、ベラルーシの強豪。1部リーグのを06年から12連覇中で、欧州チャンピオンズリーグの本戦出場経験もある。

 ヴァシリェヴィッチは徳島を通じて「このたび、ベラルーシの FC バテ ボリソフに加入することが決まりました。昨年徳島で過ごした素晴らしい日々に感謝しています。自分がどこにいてもこれからも徳島ヴォルティスのことを応援していますし、J1に昇格することを願っています。ガンバッテクダサイ!」とコメントを発表した。