ティー打撃に励む巨人の折下

 巨人の育成ドラフト7位の折下光輝(徳島・新野高)が3軍キャンプのシート打撃で3打数2安打と気を吐き、好調さをうかがわせた。

 第1打席に投手への強襲安打を放ち、第2打席は変化球を逆らわずに右前に運んだ。それでも「大きいのを狙っていたので、まだまだ」と不満そうだった。

 ノックでは持ち場の三塁に加え、「試合に出るためなら」と不慣れな二塁も守った。緩い打球の処理に課題を残したが、併殺プレーでは遊撃の増田と息の合った連係を見せた。

 午後は室内のフリー打撃で快音を響かせ、「いいスイングができている」と江藤監督らを喜ばせた。14日に18歳になったばかりのルーキーは「広角に長打を打って首脳陣にアピールしたい。今年中に支配下登録を勝ち取る」と、強い意欲をみなぎらせた。