岡山との開幕戦に向けリラックスした雰囲気でランニングする徳島の選手たち=徳島スポーツビレッジ

 サッカーのJ2は25日、各地で11試合が行われ、2018年シーズンが開幕する。昨年7位の徳島ヴォルティスはホームの鳴門ポカリスエットスタジアムで午後2時から、同13位のファジアーノ岡山と対戦。昨年は1分け1敗と相性は良くないが、磨いてきた徳島らしい攻撃サッカーで2年連続の開幕戦白星を狙う。
 
 選手全体の約半数に当たる16人が入れ替わった岡山。ただ、昨年10得点のFW赤嶺をトップに3-4-3の基本陣形を継続し、堅守からの速攻とセットプレーは相変わらず強い。2月の宮崎キャンプ中にJ1広島、J2福岡、讃岐と練習試合をし、1勝2敗だった。

 ロドリゲス監督は「手ごわい相手」と警戒を緩めない。昨年の2度の対戦で徳島は2-3、3-3と複数得点したが失点も重ね、勝ち切れなかった。組織的な守備とボール回しで岡山のカウンター攻撃の芽を摘み、攻めては相手ゴール前エリアでの突破力と決定力が求められる。

 開幕前最後の練習公開日となった23日、イレブンはランニングやストレッチなど調整練習にとどめ、本番に向けて体力を温存した。

 昨年、岡山戦で1ゴールを挙げているMF前川は「まずは全員の守備でボールを奪うところから始めたい」と、連動した守備の重要性を強調。昨年の岡山戦のビデオを研究したという新加入のMFシシーニョも「ボールをキープすれば試合をコントロールできる」と、勝利に自信をのぞかせた。