J1初出場を果たした湘南の表原玄太

 サッカーの明治安田J1第2節第1日は2日、川崎市の等々力陸上競技場などで3試合が行われた。J1に復帰した湘南は、昨季リーグ王者の川崎と1-1で引き分けた。

 徳島県阿南市出身のFW表原玄太が後半37分から今季初めてピッチに立ち、J1デビューを果たした。FW松田天馬に代わり、1-1の場面で投入され、勝ち越しを狙って、39分にシュートを放つなどゴールに迫ったが得点には結びつかなかった。

 表原は神戸U-18を経て、2015年にJ2愛媛でプロデビュー。17年にJ2湘南へ完全移籍し、湘南での2年目はJ1を舞台に戦う。