本地新平氏(ほんじ・しんぺい=元県立ひのみね養護学校長)21日午後2時16分、うっ血性心不全急性増悪のため、藍住町の病院で死去、90歳。自宅は板野町川端萱野11の1。葬儀・告別式は23日午前11時から藍住町徳命名田448の1、藍住ベルベ玉鳳院で。喪主は長男敏宏(としひろ)氏。

 85年4月から87年3月まで県立ひのみね養護学校の初代校長を務めた。