連載「ともに生きる」

 高齢者の5人に1人が認知症という時代が目前に迫っています。第2部「当事者の願い」では、認知症と診断された鳴門市の男性(74)の思いや希望に耳を傾け、症状が進行しても安心して暮らせる社会の在り方を考えます。(1面)

 県予算を読む

 徳島県の2018年度一般会計当初予算案が2月に発表されます。徳島には人口減少、少子高齢化をはじめ、数々の課題があります。限られた予算をどう振り向けたのか、また、財政再建との両立は果たせているのか。予算案を多様な角度から読み解きます。(中旬)

 LEDアートフェス

 9日から18日まで徳島市中心部で「とくしまLED・デジタルアートフェスティバル」が開かれます。シンボルアートを制作するIT会社・チームラボ社長の猪子寿之さん(同市出身)のインタビューや作品紹介を通してフェスの魅力を伝えます。(8日付特集)

 サッカーJ2開幕 ヴォルティス新戦力は

 25日に開幕するJ2。昨季は惜しくも昇格プレーオフ進出を逃し、7位に終わった徳島ヴォルティスの今季にかける意気込みや、新戦力などを紹介します。(21日付特集)

 小説の書き方講座

 「徳島新聞 阿波しらさぎ文学賞」を運営する徳島文学協会の会長で四国大教授の佐々木義登さんに、小説を執筆する際の心構えや構想段階での注意点、的確な表現方法などについて解説してもらいます。(文化面)