徳島新聞社と徳島文学協会は、掌編小説コンクール「徳島新聞 阿波しらさぎ文学賞」の応募要領を決定しました。2月1日から作品募集を始めます。

 [応募資格]全国公募(年齢、性別、職業、国籍は問わない)

 [作品]日本語で書かれた未発表の小説作品。徳島の文化や歴史、産業のほか、徳島ゆかりの地域などを作中に必ず登場させる。応募は1人1編に限る

 [枚数]400字詰め原稿用紙15枚以内(パソコンやワープロによる原稿の場合、400字詰め原稿用紙で換算枚数を明記すること)。縦書きを原則とする。表紙にタイトル、住所(徳島出身で県外在住の人は、その旨を記入)、氏名(ペンネームの場合は本名も)、年齢、職業、電話番号(あれば携帯電話番号も)を書く。作品にはページ番号を付け、右肩をホッチキスでとじる

 [締め切り]2018年6月10日(当日消印有効)。締め切り後の作品の変更や、応募原稿の返却はできない

 [発表]2018年8月下旬、徳島新聞紙上で発表

 [最終選考委員長]吉村萬壱さん(芥川賞作家)

 [賞]阿波しらさぎ文学賞(30万円)、徳島新聞賞(10万円=徳島出身者および徳島在住者から選ぶ)、徳島文学協会賞(3万円=25歳以下の応募者から選ぶ)。受賞作の著作権は徳島新聞社に帰属します

 [宛先]〒770―8572 徳島市中徳島町2丁目5番地2 徳島新聞社事業部

 [問い合わせ先]徳島文学協会事務局<電080(6284)0296>(日曜・祝日を除く午前9時~午後5時)。選考経過に関するご質問にはお答えできません

主催 徳島新聞社

 徳島文学協会