2020年東京五輪・パラリンピックは、果たして成功させられるのか。度重なる失態に不安が募る。

 大会組織委員会が公式エンブレムを白紙撤回し、再公募を含めて新たに選考し直すことを決めた。極めて異例の事態である。

 佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムには盗作疑惑が浮上し、他の作品にも模倣などの疑いが指摘されていた。佐野氏や組織委は盗作を否定してきたが、国民の理解は得られないと判断したようだ。

 世界が注目する祭典を象徴し、晴れやかな舞台を彩るエンブレムである。盗作かどうかの真相は不明だが、疑いを持たれたまま使い続けることはできない。撤回したのは当然だろう。

 公式エンブレムが発表されたのは7月下旬だった。その数日後、ベルギーの劇場のロゴと酷似しているとし、作者が不使用を求めて地元裁判所に提訴した。

 さらに、佐野氏が手掛けた動植物園のシンボルマークなどでも、よく似た作品があるとインターネット上で相次ぎ指摘された。

 これを受けて組織委は先月末、佐野氏が制作したエンブレム原案を公表。劇場ロゴとは全くの別物と主張したが、その原案も、2年前に東京で開かれた展覧会のポスターに似ていることが分かった。

 加えて、エンブレム活用例のイメージ画像の無断流用まで発覚し、盗作疑惑に追い打ちを掛ける形となった。

 一連の経緯で浮かんだのは、組織委の対応のまずさである。選考過程などを十分に説明せず、原案を公表したのは問題化して1カ月もたってからだった。リスク管理の不手際が混乱を大きくしたといえよう。

 佐野氏も疑いを晴らす説明ができなかった。決定的だったのは、賞品バッグのデザインや活用例の画像で模倣、流用を認めたことだ。プロとして、著作権に対する認識が甘過ぎると言わざるを得ない。

 主要なコンペで受賞歴のある人に応募資格を限定し、選考過程が不透明だったことも問題である。原案を2度も修正したことは、佐野氏ありきだったと見られても仕方あるまい。新たな選考では透明性を高め、類似する作品の有無を厳しくチェックすべきだ。

 同じ失敗を繰り返さないためには、検証委員会を設けて原因を詳しく調査する必要がある。

 併せて、責任の所在を明確にしなければならない。白紙撤回により、ポスターなどの費用が無駄となり、スポンサー企業の損害も発生する。責任を曖昧にして幕を引くことは許されない。

 東京五輪の準備をめぐっては、新国立競技場の建設計画も白紙撤回に追い込まれた。

 傷ついた日本の信用を取り戻すには、態勢を立て直して一から出直すしかない。組織委はもちろん、政府が重い責任を負っていることを忘れないでもらいたい。