任期満了に伴う大阪府知事選は現職の松井一郎氏が、大阪市長選は元衆院議員で新人の吉村洋文氏が、そろって圧勝した。

 いずれも、橋下徹大阪市長が率いる政治団体・大阪維新の会の候補で、新たなコンビで府・市政のかじを取る。

 大阪維新は、5月の住民投票で否決されたばかりの「大阪都構想」への再挑戦を掲げて、ダブル選を戦った。

 今後の構想の進め方が注目されるが、拙速で強引な手法は慎むべきだ。

 大阪維新は府議会、市議会とも過半数に足らず、政策の遂行には、他の政党・会派との対話が欠かせない。

 府民も市民も、大阪維新に行政を白紙委任したわけではない。謙虚に市井の人々の声に耳を傾けながら、明日の大阪の在り方を、共に考える時である。

 そうでなければ、都構想をめぐる対立が深まり、混乱の中で膨大なエネルギーと経費を費やすことになる。地盤沈下が続く大阪に、そんな余裕はないはずだ。

 選挙戦で、橋下氏の盟友の松井氏は「大阪が一つになれば東京に負けない」と都構想の必要性を強調した。橋下氏の後継候補の吉村氏も、大阪維新が取り組んできた行財政改革の成果をアピールし「改革継続」を強く主張した。

 2人の大差の勝利は、現状に飽き足らない有権者が一層の改革を求めた結果だろう。橋下氏の大阪での根強い人気と発信力が勝利に大きく貢献したことは言うまでもない。

 一方、自民党が推薦し、民主、共産両党の地元組織も支援した「反大阪維新」の候補は、大阪維新の政治からの転換を主張したが、届かなかった。保守・革新の垣根を越えた“共闘”がなぜ有権者の支持を集め切れなかったのか分析し、反省する必要がある。

 大阪維新が知事と市長を独占したことは、橋下氏が告示直前に結成した国政政党「おおさか維新の会」にも追い風だ。来年の参院選でも台風の目になる可能性がある。野党再編をめぐっても、存在感が増すことは間違いない。

 橋下氏の求心力はさらに強まり、政界での活動の継続を求める声も高まりそうだ。

 とはいえ、橋下氏は来月の市長任期いっぱいでの政界引退を言明している。最近、新党の「法律政策顧問」に意欲を見せているが、曖昧な形で政治に携わるのなら、言行不一致のそしりを免れない。今後の立場を明確にすべきだ。

 憲法改正を目指す安倍晋三首相が、おおさか維新の会の取り込みを図る可能性もある。新党がどのように独自の政策を打ち出して参院選を戦うのか、責任政党としての在り方にも注目したい。

 大阪では、企業本社の東京移転に歯止めがかからず、商都の活力は低下している。府市が一体となって有効な手だてを講じなければ、都構想どころではなくなる。松井氏と吉村氏の手腕が厳しく問われよう。