問題-。預言者ムハンマドの誕生日は? 申し訳ないが知らない。そもそもイスラム暦なので、答えはそう簡単にいかないようだ。それなら釈迦(しゃか)は? 確か花祭りの日、4月8日か。恐る恐るの回答である

 けれどもキリストなら、小欄ばかりか世界の多くの人がご存じのはず。この違い。この数百年、世界が西洋を中心に回ってきた証しの一つといえるかもしれない。あす12月25日はクリスマス。言わずもがな、か

 毎年のことながら、見事に宗教色を失った日本の降誕祭に思う。「きよしこの夜」を歌って1週間もすると、初詣に出掛けるのである。こんなふうでいいのかね。が、これも日本。これでよしとしなければ、子どもたちに恨まれる

 せっかくだからまつわる話を一つ。聖書は記す。「救い主が生まれたよ」。神様が最初に告げたのは、野宿をしていた羊飼いだった

 当時といっても本当の誕生日は定かではない。ざっと2千年前のパレスチナ、羊飼いは貧しく、さげすまれていたそうだ。神様が選んだのは、そんな社会の最底辺にいた人々だった。信者でなくとも胸の辺りがじわりと温かくなる話である

 せっかくのクリスマス。あと少しだけ優しくなれる一日だろう。ケーキやプレゼントもいいけれど、自分以上の困難を抱えた人のことを思う時間が、少しばかりあってもいい