女子中学生に裸の画像を送らせた上にみだらな行為をしたとして、徳島県警少年女性安全対策課と板野署は16日、児童買春・ポルノ禁止法違反と佐賀県青少年健全育成条例違反の疑いで、鳴門市撫養町立岩、同市土木課の臨時職員福浦孝容疑者(32)を逮捕した。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年7月上旬、福岡県内の女子中学生(13)に裸の画像を撮影して送るよう要求し、数枚を自身のスマートフォンに送らせた。また、同じ女子中学生に対し、8月下旬から11月上旬までの間に数回、佐賀県内のホテルでみだらな行為をしたとしている。

 板野署によると、福浦容疑者は福岡県でレンタカーを借り、女子中学生を乗せてホテルに行ったとみられる。女子中学生とは約2年前に出会い系サイトで知り合い、スマホで連絡を取り合っていた。

 昨年11月、徳島県内の女性から、藍住町内の量販店で福浦容疑者から痴漢行為を受けたとの訴えがあり、県迷惑行為防止条例違反の疑いで任意捜査。福浦容疑者のスマホを調べた際、女子中学生の裸の画像を見つけた。

 鳴門市によると、福浦容疑者は民間企業退職後の2016年7月11日、市の臨時職員に採用され、道路の清掃を担当している。