うだつの町並みを紹介するパンフレットなどを作った三島中生=同校

 美馬市穴吹町の三島中学校の3年生7人が、同市脇町のうだつの町並みの飲食店、土産物店などを紹介するパンフレット「ちょっと寄ってみんで? うだつの町並みええとこマップ」と、市内の観光を紹介する動画を作った。昨年7月に市内の観光・物産関連の5事業所で職場体験を行ったことから、その成果を生かし、観光客の呼び込みに協力しようと取り組んだ。

 パンフはB4判2ページで、町並みにある店舗や観光施設など9カ所を紹介している。生徒4人が取材し、写真も撮影。手書きやパソコンで3種類を作り、各100部を印刷した。

 このうち、市指定文化財の吉田家住宅については、藍の集積地として栄えた藍商人の暮らしぶりを伝えているほか、毎年1月に華道家・假屋崎(かりやざき)省吾さんの華道展が開かれていることを掲載。飲食店では、お薦めメニューや店舗の雰囲気、魅力も書かれている。

 動画は約6分。うだつの町並み、デ・レイケ公園といった市内の観光名所や市の無形民俗文化財・三味線餅つきを取り上げた。生徒3人が撮影から編集まで行い、紹介文を入れた。

 パンフと動画を収めたDVDを、職場体験をした事業所や今回取材した観光施設計9カ所に贈った。パンフは観光客らに無料で配ってもらう。

 パンフを作った大石奈穂さん(15)は「見る人に分かりやすくしようと苦労した。市内を楽しく観光してもらいたい」と話している。