洋ランを使ったフラワーアレンジメントに取り組む参加者=美馬市脇町の吉田家住宅

 美馬市脇町のうだつの町並みにある市指定文化財・吉田家住宅で毎週木曜、フラワーアレンジメントを学ぶ「心ときめく花教室」が開かれている。19日には午前と午後の部に計40人が参加し、フラワー装飾技能士の岡本千鶴さん(49)=美馬市脇町西赤谷=の指導で、洋ランを使った作品作りに取り組んだ。

 ピンクや黄、緑のシンビジウム5品種と、黄のオンシジウム2品種を使用。参加者は岡本さんの手ほどきで、花の大きさや色のバランスなどを考えながら、丁寧に花材を配置。わらで作った飾りも付けて、完成させた。

 藤本勝子さん(68)=同市脇町西赤谷、主婦=は「ランをたくさん使っているので、とても豪華。家の玄関に飾りたい」と話した。

 吉田家住宅で2月19日まで開催中の華道展「うだつをいける」の関連行事。木曜午前11時からと午後1時半から行う。先着20人で要予約。入館料510円が必要。