国公立大2次試験の願書受け付けが23日、徳島県内の徳島大、鳴門教育大を含む全国の大学で始まった。受験生は14、15の両日に実施された大学入試センター試験の結果を基に、志望大学を選んで出願する。

 募集人数は徳島大が6学部で903人、鳴門教育大が1学部83人。どちらも正午までの出願はなかった。2月1日に締め切られる。

 徳島大、鳴門教育大は出願者数や倍率などの情報をホームページで公開し、土、日、祝日を除き毎日午後6時ごろ以降に更新する。インターネットによる出願もできる。

 文部科学省によると、出願を受け付けるのは国立82校、公立84校で、募集人員は約10万人。国立45校の122学部、公立18校の36学部は、センター試験の結果で門前払いする「二段階選抜」を予告している。

 2次試験の日程は前期が2月25日から、後期が3月12日以降(徳島大、鳴門教育大は12日)。一部公立大の中期日程は3月8日以降に実施される。