仲渡さん方を実況見分する徳島西署員ら=28日午前10時ごろ、徳島市佐古五番町

 27日午後11時40分ごろ、徳島市佐古五番町、仲渡博文さん(59)の店舗兼住宅=鉄骨トタン張り3階建て延べ約362平方メートル=から出火。約3時間後の28日未明に鎮火し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。徳島西署は、連絡が取れなくなっている仲渡さんと母親の美子さん(80)ではないかとみて、身元の確認を進めている。

 徳島西署や市西消防署によると、仲渡さんは美子さんと父の弘さん(84)、妹の佐知子さん(51)との4人暮らし。

 佐知子さんは2階の自室で寝ていたが、物音で火事に気付いて逃げ出し、「2階のストーブから火が出ている」と119番した。弘さんは駆け付けた消防隊員が2階から救出。佐知子さんと弘さんはそれぞれ徳島市内と小松島市内の病院に搬送された。けがの程度は不明だが、搬送時、2人とも意識はあった。

 遺体はいずれも2階で見つかり、近い距離で横たわっていたという。

 仲渡さん方は1階が自転車部品卸業の店舗や事務所、2階と3階が住居。博文さんの部屋は3階に、残り3人の部屋は2階にあった。2階と3階の北側が激しく燃えており、徳島西署は2階が火元の可能性が高いとみて調べている。

 現場はJR佐古駅から西に約700メートルの住宅密集地。ポンプ車9台、救助工作車2台、救急車3台が出動し、周辺は一時騒然となった。