水中で阿波踊りを披露する参加者=徳島市の新町川

 徳島市の新町川で29日、寒中水泳大会(新町川を守る会主催)があった。水温8度の冷たい川で、大学生ら20人が元気いっぱいに初泳ぎを楽しんだ。

 約千人が見守る中、徳島大水泳部員が背泳ぎや平泳ぎをした後、海上自衛隊第24航空隊(小松島市)の隊員らが高さ約5メートルの新町橋から勢いよく川に飛び込んだ。最後は全員で立ち泳ぎをしながら、「ヤットサー」の掛け声に合わせて阿波踊りを披露した。

 初めて参加した城ノ内高校2年の受川士さん(17)は「弟の高校受験がうまくいくようにと願って飛び込んだ」と笑顔で話した。

 大会は1995年に復活して以来、今回で23回目。