海岸沿いの険しい岩場を走る参加者=牟岐町灘

 美波、牟岐両町の登山道や海岸沿いなどを走る「千羽海崖トレイルランニングレース2017」(実行委員会主催)が29日開かれ、前回を83人上回る過去最多の751人が健脚を競った。

 美波町奥河内の竜宮公園を出発し、牟岐町灘の県立牟岐少年自然の家で折り返すロングクラス(40キロ)に497人、ロングクラスの復路のみを走る新設のミドルクラス(20キロ)に43人、美波町内を走るショート・親子クラス(13キロ)に211人が出場。雄大な太平洋を望む山道や海岸沿いの険しい岩場など、起伏の激しい難コースを駆け抜けた。

 大会は今年で8回目。完走したのはロングが366人、ミドルが33人、ショート・親子が182人だった。

 各クラスの優勝者とタイムは次の通り。

 [ロング]大杉哲也(大阪府)4時間20分33秒[ミドル]堀江謙一(藍住町勝瑞)2時間14分13秒[ショート]近江竜之介(京都府)1時間8分15秒