来場者を笑わせた林家一門による落語会=美馬市脇町の吉田家住宅

 美馬市脇町のうだつの町並みにある市指定文化財・吉田家住宅で4日、市の観光大使・林家三平さんが所属する林家一門による落語会があり、約110人の聴衆でにぎわった。

 三平さんの兄正蔵さんの弟子・林家はな平さん、林家たこ平さんの2人が出演。「牛ほめ」を披露したはな平さんは、新築の家と飼われている牛を褒める主人公の様子を巧みな話芸で表現し、会場を笑いの渦に包んだ。

 落語ファンの守田弘さん(74)=小松島市新居見町、農業=は「普段聞くことの少ない江戸前の落語を目の前で見ることができ、とても面白かった」と喜んでいた。

 落語会は、市の観光大使・假屋崎省吾さんの華道展「うだつをいける」(19日まで)の関連イベント。落語会は5日も午前11時、午後1時半から行われる。入場無料だが、吉田家住宅への入場料510円が必要。