堤防斜面に生え始めたツクシ=徳島市不動東町5

 8日午前の徳島県内は高気圧に覆われて青空が広がったものの、寒気の影響で厳しい冷え込みとなった。山地では9日未明から大雪となる恐れがある。

 徳島市でも最低気温が1・8度と冷え込んだが、同市不動東町5の吉野川堤防の斜面ではツクシがちらほらと見られるようになり、春の息吹を感じさせる。

 県内は気圧の谷の影響で、8日夜から雨や雪の降る所がある見込み。9日正午までの24時間予想降雪量は、多い所で北部の山地20センチ、平地2センチとなっている。