完成したヘリポート=佐那河内村上の家族旅行村

 佐那河内村は、同村上の大川原高原にヘリポートを整備した。林野火災など災害への対応やドクターヘリによる救急搬送などに活用する。

 ヘリポートは、村が管理する観光施設「家族旅行村」の広場(標高約750メートル)に整備。離着陸場所の20メートル四方をコンクリート舗装した。事業費は約350万円で、半額は県の補助金を活用した。

 村内では村民グラウンドなど2カ所がヘリの離着陸場に指定されているが、常時使用できるヘリポートの建設は初めて。

 村は「大川原高原を訪れる観光客らのけがや病気への対応をはじめ、消火活動や孤立集落発生時の後方支援の拠点にしたい」としている。