一時、視界を遮るほど激しく降った雪=10日午後4時半、徳島市中徳島町1

 10日の徳島県内は午後からも強い冬型の気圧配置の影響で気温が上がらず、平野部でも断続的に雪が降った。11日夕にかけ、県西部の山地を中心に大雪となり、平地でも積雪の恐れがある。

 徳島市中心部では午後4時すぎから大粒の雪が降り、うっすらと積もった。徳島中央公園では木々が白く染まり、散歩する人や下校中の高校生らが雪景色を楽しんでいた。

 徳島地方気象台によると、日中の最高気温は三好市池田町2・6度、徳島市6・4度、美波町8・6度など、各地で平年を3~7度下回った。

 11日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で北部は山地20センチ、平地5センチ、南部は山地10センチ、平地3センチとなっている。