自宅近くを雪かきする男性=11日午前11時ごろ、美馬市穴吹町口山

 11日の徳島県内は強い冬型の気圧配置の影響で、県西部の山地を中心に雪が積もった。12日朝にかけ山地で大雪となり、平地でも積雪の恐れがある。

 徳島地方気象台によると、四国の上空約1500メートルには氷点下9度以下の寒気が流れ込んでおり、三好市西祖谷山村では午後3時時点で10センチの積雪を観測した。日中の最高気温は同市東祖谷京上で氷点下0・4度、徳島市で6・9度など、各地で平年を2~8度下回った。

 12日も冬型の気圧配置が続き、午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で北部は山地15センチ、平地3センチ、南部は山地10センチ、平地2センチとなっている。

 11日午後11時現在、美馬、三好両市とつるぎ、神山、東みよし、上勝、那賀5町に大雪注意報が出ている。