阿波市特産品認証制度で新たに認証された3品

 阿波市は、市内の農産品や加工品を市のお墨付きブランドとしてPRする「市特産品認証制度」で、新たに3品を追加した。

 認証されたのは▽阿波の北方農園(同市阿波町)の「美~ナスコンフィチュール」▽同農園の「塩ドライトマト」▽原田トマト(同市土成町)のフルーツトマトをシロップで味付けした「赤い宝石」。いずれも加工食品で、市産の白ナスや乾燥トマト、糖度の高いトマトを使い、素材の良さを引き立てる味に仕上がっている。

 市特産品に認証されると、パッケージや広告に市独自のロゴマークを掲載でき、認証品を紹介するカタログでもPRされる。認証品は13品になった。

 阿波の北方農園の三木みずほ代表(56)は「規格外の野菜も有効活用できるような商品を作り、販路を広げることで、阿波市の農業の活性化につなげたい」と話している。