協定書を交わした野地学長(左)と坂部会長=徳島市の徳島大事務局

 徳島大と県農業法人協会は24日、農業を担う人材育成と研究開発を進めるための「徳島県農業の振興に関する協定」を結んだ。

 協定によると、協会に所属する企業が学生のインターンシップを受け入れるほか、農産物の栽培技術を向上させるため共同で研究したり、学生の学習や研究のために協会の施設を貸したりする。

 徳島市新蔵町の同大事務局で締結式があり、同大の野地澄晴学長と協会の坂部隆久会長が協定書を交わした。野地学長は「1次産業はもちろん、6次産業化を目指す新たな人材を一緒に育てていきたい」、坂部会長は「環境に優しく付加価値の高い消費者参加型の農業を共につくりたい」と話した。