前半35分、2人掛かりでボールを奪う徳島の藤原(左)とカルリーニョス(右)=京都市西京極総合運動公園

 明治安田J2第2節第1日は4日、各地で5試合が行われ、徳島ヴォルティスは京都市西京極総合運動公園で京都に0-1で敗れて今季初黒星を喫し、通算成績は1勝1敗となった。終了間際にセットプレーから失点した。湘南は群馬を3-1で下して開幕2連勝。水戸は金沢に大勝し、名古屋-岐阜、千葉-山形は引き分けた。次節の徳島は12日午後2時から鳴門ポカリスエットスタジアムで長崎と対戦する。

 [評]徳島は主導権を握りながらも試合終了直前に1点を失い、手痛い敗戦となった。後半45分、相手陣内からのFKを途中出場の京都FWオリスが頭で空きスペースに落とし、DF闘莉王にゴール左隅に決められた。徳島は前線からプレスをかけて前後半ともボールを支配。MFカルリーニョス、杉本を起点に数多くチャンスをつくった。シュート数は京都の2倍の10本と圧倒したが、得点できなかった。