丸山純奈さん

 徳島市の中学生シンガー丸山純奈さんが、4日放送のオーディション番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」で、配信デビュー曲「ドラマ」を初披露した。

 「ドラマ」は、夢を追う自分の背中を押してくれる母への感謝を表現した詞で、ミディアムテンポのメロディーに乗せて歌う。同番組で審査員を務める音楽プロデューサー杉山勝彦さんが、丸山さんのために作詞作曲を手掛けた。

 純奈さんによると、事前に杉山さんと話した内容が歌詞に生かされていると言い「初めて歌詞を読んだとき、すごく感動しました。自分の等身大の思いが詰まっていてびっくりしました」。

 審査員や観客、母・由紀子さんが見守るスタジオで披露すると、涙を浮かべて聴き入る人も。時に厳しい指摘をしてきた審査員で声楽家の菅井秀憲さんは「あなたの声は人を感動させる。あなたをチャンピオンにしてよかった」と話した。

 純奈さんの歌に思わず涙をこぼした母・由紀子さんは、徳島新聞の取材に「頑張る姿をずっと見てきたので、いろいろな思いが込み上げてきて抑えきれませんでした。嬉しいけれど、遠くに行ってしまうような寂しい気持ちも出てきて、複雑な感じでした」とコメント。

 純奈さんは「お母さんへの『いつもありがとう』の気持ちを込めて歌いました。(皆さんに)自分の経験を思い出しながら、家族や大切な人を思いながら聴いてもらいたいです」と語った。

 「ドラマ」は、初披露された直後の午後11時から音楽配信サイトで無料ダウンロードできるようになったが、各サイトにアクセスが殺到し、つながりにくくなっている。

 純奈さんは、2017年12月3日放送の同番組で優勝した後、五つの課題曲をクリアするとデビューの機会が与えられる企画に挑戦。2月25日の放送で課題をすべてクリアし、配信デビューすることが発表されていた。