28日は、四国沖を前線が通過し、午後から南寄りの風が強くなり夕方には雨も強くなる春の嵐の様相となった。そのため県南では波やうねりも高くなり磯渡しの渡船も休業のところが多かった。

 [磯]<大島>28日、水温16・2~17・4度で速い上り潮、渡船は3隻。ややうねりがあり少し早めに引き上げた。本場回りのピストルは30~34センチのグレ13匹。俵で32センチのグレ1匹と33センチのイサギ1匹、35センチのアイゴ1匹。金輪で30センチ前後のグレ2匹と同型のイサギ4匹、その後櫂投島の中ノハエに磯替わりし同型のグレ4匹とイサギ2匹を追加。別の人も金輪で30センチ前後のイサギ4匹で櫂投島の高橋バエに替わり、同型のグレ2匹とイサギを1匹追加。沖冨士も同型のグレ3匹から櫂投島のジイに替わり同型のグレ1匹とイサギ2匹を追加した。カブトは28~35センチのグレ8匹。

 <高知・甲浦>27日、水温16・7~17・2度で波が段々と高くなってきた。エボシでは32~37センチのグレ3匹と37センチのアイゴ2匹。ヒナダンは27、28センチのグレ2匹。棚バエも同型のグレ6匹。ミツバエ西は33センチのグレ1匹。クツガハエは30センチまでのアイゴ6匹。

 <愛媛・矢ケ浜>27日、やや波が高かった。戸島北向きの磯では小松島市の人が40センチ前後のグレ15匹。近くの磯でサオを出した人が35~46センチのグレ4匹。別の磯でも同型を7匹。港近くの磯でも30~43センチのグレ8匹。隣の釣り座でも同型のグレ5匹と別の人が4匹。食いが浅く、各場所とも数回のハリ外れやバラシがあった。

 [波止]<沖洲>27日、新町川河口左岸で、午後から沖アミを餌にガガネを狙った人が18~20センチを5匹。(県釣連盟報道部)