▽遍路の一会文芸展

~11日、板野町羅漢・ギャラリーカフェブリッサ  立花悟(板野町)と遍路で出会った人々によるスケッチ、水彩画や陶芸作品、俳句などを展示。

▽徳島電友会・NTTグループ趣味の作品展

~11日、あわぎんホール  会員100人による日本画、洋画、写真、書道、美術工芸など200点を展示。

 ▽第4回星景写真展~星空のファンタジー

~15日、鳴門市撫養町小桑島・キョーエイ鳴門駅前店  林昌幸(鳴門市)が撮影した星空や夜の風景など約40点。

 ▽はな花展

~18日、徳島市東船場町1・眉峰ギャラリー  県内外の作家約15人による花をテーマにした版画、油絵、日本画作品約20点。

 ▽巨匠深山龍洞の仮名

~25日、県立文学書道館  昭和を代表する書家の一人である深山が活動の拠点とした神戸市に残る作品を中心に約70点。

 ▽平木美鶴展

~25日、徳島市銀座・ギャラリー喫茶グレイス  平木(徳島市)が制作した木版画、オブジェなど24点。

 ▽川村泰史写真展「庭先の四季10~春」

~25日、吉野川市立川島図書館  川村(吉野川市)が自宅周辺の植物を中心に「春」を捉えた16点。

 ▽沢口功ポスター展

~25日、阿南市那賀川町小延・コーヒーワークスこのぶ  沢口(小松島市)による県美術展入賞作品を中心とした10点余り。

 ▽楠明寿香作品展―光のある風景

~31日、徳島市立図書館ギャラリー  鳴門市出身の大学生、楠(広島県)が描いた油彩画20点。

 ▽田村貞夫写真展<花と風景>

14~25日、板野町羅漢・ギャラリーカフェブリッサ  田村(上板町)が写した作品20点を展示。