徳島バス阿南(阿南市橘町幸野)の男性運転手(50)が2月25日、徳島駅前から三好市内のホテルへ客を乗せて運転した後、同日中に帰路の運転をしなければならないにもかかわらず、ホテル到着後に飲酒をしていたことが分かった。ホテルの指摘で発覚し、代わりの運転手が用意された。男性は26日から自宅待機中。同社は近く懲罰委員会を開き、処分を決める。

 同社によると、バスは三好市のホテルで行われた音楽イベントの関係者が貸し切り、スタッフ二十数人を徳島駅前から乗せて、イベント終了後は徳島駅前に戻る予定だった。

 25日午前7時に徳島駅を出発し、同9時すぎに三好市西祖谷山村のホテルに到着。帰りは午後9時半の出発だったため、男性は待機状態となり、正午から午後1時の間に休憩用に用意されていた部屋で冷蔵庫にあった瓶ビール1本(500ミリリットル)を飲んだ。

 冷蔵庫内の料金を精算するホテルの従業員が「バスの運転手でないのか」と指摘し、状況を知った乗客が企画した旅行会社を通じてバス会社に連絡した。同社は急きょ阿南市の本社から別の運転手を向かわせた。

 同社の聞き取り調査に対し男性は「飲んでも夜にはさめるだろうと思った」と答えたという。

 同社では、移動先で次の運転までに8時間以上ある場合は自由に過ごして構わないものの、「飲酒はもっての外」としている。本社からの出発時は呼気検査を義務づけているが、出先からの出発には検査をしていないという。

 同社の浜田勝幸社長は「お客さまの命を預かる仕事をしているのに、認識が欠落していた。気を緩めることのないよう社員を指導し、再発防止に努めたい」と話している。

 同社は徳島バスの子会社。阿南市内の路線バスや、東京、大阪行きの高速バスを運行している。