徳島商高生と一緒にワッフルを調理するバーゾサさん(左から2人目)と筒井さん(同3人目)=徳島市の同校

 2016年の「ミス・インターナショナル世界大会」で優勝したフィリピンのカイリー・バーゾサさん(25)と、今秋の大会に日本代表として出場する筒井菜月さん(23)=東京都=が8日、徳島市の徳島商業高校を見学した。

 日本代表の選考員を務めている同校の外部講師が来日予定だったバーゾサさんらに同校のカンボジア支援の取り組みを話したところ、興味を示したことから招待した。

 2人は、同校がカンボジアの中高一貫校「カンボジア日本友好学園」の運営を支援するために学園の生徒と共同開発したヤシ砂糖入りワッフルを生徒と一緒に調理したり、支援活動の説明を受けたりした。

 筒井さんは「高校で実践的なビジネスを学んでいて素晴らしい」。バーゾサさんは「生徒の活動を応援するため会員制交流サイト(SNS)で世界に発信したい」と話した。

 9日は同校の商品開発に協力している鳴門市の菓子製造業者を訪問する。