[磯]<大島>19日、上り潮が流れ水温16・8~17・2度。南寄りの風でうねりがあった。グレは、港回りのノコギリで30~33センチを5匹。櫂投回りの高橋バエで29~40センチを27匹。中ノハエ地で30、33センチを2匹。クジラで28~40センチを28匹。裏回りはオハナで28~36センチを17匹と30センチ前後のアイゴ3匹。同地で30~34・5センチを11匹と30センチのアイゴ1匹。

 <高知・沖ノ島>19日、南東の風が吹いたが穏やか。阿南市の人が黒ハエ船付で35センチのグレ1匹と同型のイサギ2匹。18日、小島で30センチのグレと37センチのイサギを各1匹。同岡で底物狙いが50センチのイシダイ1匹。ムロバエ北の船付で30~41センチのグレ10匹。

 <高知・鵜来島>19日、南東の風で少し波もあった。水島二番船付で徳島市の2人が40~46センチの尾長グレ6匹と35~48センチのグレ8匹。同行の人はマルサゲ高場で赤貝を餌に58センチのイシダイ1匹。18日は、西ノハナとホトバエで35~40センチのグレを5人が2~3匹。フカノクチで40、45センチのイシダイ2匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>19日、沖は波が高かった。水温16・7度。1号で0・5~0・8キロのアオリイカ3匹。別のサオで30、35センチのグレ2匹。3号でアジを餌に取り込みヤエンを使い0・4~0・8キロのアオリイカ3匹。

 [投げ釣り]<小松海岸>18日、徳島SC協会初投げ釣り大会が行われた。釣り場は自由で前日18時から開始し、13時までに帰着。アブラメかカレイ2匹までの合計寸法を競った。44人が参加し31人が計量。吉野川河口で徳島キャスターズクラブの千葉敏雄さんが76・1センチ(36・4、39・7センチのアブラメ)で優勝。薬師裏で徳島ひげサーフの大西啓文さんが74・3センチ(37・3、37センチのアブラメ)で2位。撫養川河口で徳島鱗友サーフの矢野勝彦さんが72・1センチ(36・6、35・5センチのアブラメ)で3位。他魚の部1位は、今切川河口で44センチのキビレを釣り上げた徳島鱗友サーフの森内秀樹さん。

 [波止]<津田沖ノ一文字>18日、水温10・2~11度。通称ダンサ周辺で48センチのチヌ1匹。少し赤灯寄りで38センチを1匹。投げ釣りをした人は20、39・5センチのカレイ2匹と30センチのアブラメ1匹。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>18日、風が強く、少し波があった。早朝は小サバの回遊があり釣りづらかった。上り潮が流れ水温16・8度。西寄りの内向きでサオを出した徳島幻釣会の仁木実さんが31センチのグレと38センチのサンタ、55センチのアオブダイ、30センチのキバンドウを各1匹。同会の人も32センチの尾長グレ1匹と35、40センチのサンタ2匹、30センチのキツ1匹。同行の人は30~33センチのグレ3匹。各自40センチまでのグレを1~4匹。中央付近で底物狙いは57センチのイシダイ1匹。(県釣連盟報道部)