着物姿で坂本おひな街道を散策する外国人ら=勝浦町坂本

 勝浦町坂本地区の古い町並みをひな飾りで彩った「坂本おひな街道」を着物姿で巡るイベントが11、12の両日あった。県内の親子連れや外国人のグループら約20人が華やかな姿で散策を楽しんだ。

 坂本集会所に集合した参加者は、町民から寄せられた着物や小物約150点の中から思い思いの装いを選び、地元の住民有志「ひな祭り盛り上げ隊」のメンバーらに着付けやヘアメークをしてもらった。

 この後、近くのおひな街道へ向かい、工夫を凝らした飾り付けに見入りながら、約1・2キロを往復した。華やかな一行は、観光客でにぎわう街道で注目を集め、アマチュアカメラマンが撮影していた。

 米国出身のマリ・レゲランデさん(23)=名西高校外国人指導助手(ALT)、石井町石井=は「かわいい着物に満足。日本独特のひな祭りを楽しめた」と笑顔だった。